日本映画考察

【動画】映画「魂のゆくえ」考察/レビュー/ラストの説明 ”タクシードライバーの現代版、イーサン・ホークの名演”

映画の手法を説明しています。後半ネタバレでラストシーンを解釈します
*ゴールデンウィークのオススメ映画 https://www.youtube.com/watch?v=ZnDEMVplMOw&t=10s

*2019年1月2月3月ベスト10 https://www.youtube.com/watch?v=37DEekwjVkY&list=PLWPLxrxPQ8S04b3gKt3UOONAH66dEXqXQ

*2018年ベスト10 https://www.youtube.com/watch?v=RPyrXWkZ4MA&t=1s

*公開日の前日(木曜日)に毎週レビューしています

*レビューしてない新作のコメントもTwitterでごらんいただけます

*A+ A A- B+ B B- C で評価しています

関連記事

  1. 日本映画考察

    【動画】映画『ボヘミアン・ラプソディ』魂に響くTVスポット伝説編

    名曲「伝説のチャンピオン」にのせて贈る15秒!魂に響くラスト21…

  2. 日本映画考察

    【動画】アメリカ「日本より強い戦艦作るよ!」 モンタナ級戦艦【ゆっくり解説】

    アメリカ軍の巨大戦艦計画「モンタナ級戦艦」について解説してみます…

  3. 日本映画考察

    【動画】【ワンピース 】レイリー世界政府が最も恐れる男!驚愕の懸賞金が設定されている?!

    **ワンピース大図鑑です!ワンピース ネタバレ考察をお届けします♪…

コメント

    • 藤井満広
    • 2019年 5月 15日

    白黒映画のような極めて質素な感じの映像がテーマに合っていたと思う。私はポール・シュレイダーの同作品『MISHIMA』の関連性を強く感じた。(彼は自殺のテーマに関心が強い。)三島の『奔馬』では主人公の勲が暗殺する財界人の桑原は右翼から不敬の輩と見られているが、裏では父の経営する右翼塾に資金援助しているので彼はその矛盾をテロで解消しようとする。バルク社のトップ、エド・バルクが環境汚染の企業でありながらアバンダント・ライフ教会に多額の寄付金をする姿勢に対するトラー牧師の怒りと勲の怒りが重なって見える。イーサン・ホークの抑制的な演技が光っていた。ラスト・シーンについての解釈は鋭い指摘だと思います。私にはそこまで頭が柔軟でなく単純なハッピーエンドかと思っていた。単純にトラー牧師は大好きなメアリーが教会にいたらテロを中止するだろうというテロリストと良心の葛藤を描いたものと解釈していた。とても参考になりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 日本映画考察

    【動画】【七つの大罪考察】七つの大罪が完結する!? 本当に終わってしまうのかを考…
  2. 韓国映画考察

    【動画】【衝撃 日本】中国「観艦式での日本の旭日旗は問題ありません」→韓国「結局…
  3. 韓国映画考察

    【動画】韓国の剣武魔人全員召喚!不動明王、朱雀、玄武、阿修羅、白虎 Yo-k…
  4. 海外映画考察

    【動画】海外受注を”量産”した中国高速鉄道が凄絶にボロを出しはじめる!中国独特の…
  5. 海外映画考察

    【動画】「君の名は。」予告2
PAGE TOP