日本映画考察

【動画】【ネタバレ大量注意】『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』初見感想/『Q』からの変化/〇〇大活躍!/論争必至ポイントまとめ

鑑賞20分後の一発撮りなので何か間違えてる気がする…
気づき次第ここで訂正します!!!

【この動画で急上昇2位頂きました🙏ありがとうございます】

ミサトさんあの後助けに来るから死んでるわけないよね!アホか!

0:00 前置き
1:42 面白かった?つまらなかった?
3:45 絵の見せ方で好みだったところ
8:28 マリ大活躍!
9:34 神木隆之介さん
10:48 ニアサーについての世論変化
11:30 新語・新概念難しいね…
12:36 綾波(そっくりさん)日常パート
15:07 アスカ告白問題
15:45 株が上がったキャラ3名

■初日2回目後の感想【シンエヴァ批判への反論】

■大島育宙(コンテンツ全部見東大生)Twitter↓

「@zyasuoki」でも出ます。

■おすすめ動画

『パラサイト 半地下の家族』考察【全6本・累計100万再生突破】

『テネット/TENET』考察【全3本】

『花束みたいな恋をした』考察【6本・更新中】

『天気の子』考察【全3本】

『ミッドサマー』考察【全2本】

『ジョーカー』考察

『えんとつ町のプペル』考察【全3本】

■サムネイル画像引用元
https://s.animeanime.jp/article/2020/06/01/54040.amp.html

関連記事

  1. 日本映画考察

    【動画】2/2【Front Japan 桜・映画】マスコミはマスゴミなのか~映画『記者たち~衝撃と畏…

    気鋭のキャスター陣が、ますます混迷を深める日本の現状や国際情勢を読…

コメント

    • コンテンツ全部見東大生
    • 2021年 3月 13日

    超マニアではないので、コメントはお手柔らかにお願いします!今後の動画の参考にするので、あなたの考察をコメントにどんどん書いて下さい!
    0:00 前置き
    1:42 面白かった?つまらなかった?
    3:45 絵の見せ方で好みだったところ
    8:28 マリ大活躍!
    9:34 神木隆之介さん
    10:48 ニアサーについての世論変化
    11:30 新語・新概念難しいね…
    12:36 綾波(そっくりさん)日常パート
    15:07 アスカ告白問題
    15:45 株が上がったキャラ3名

    • T K
    • 2021年 3月 13日

    パンフ読んでないのかな
    考察もズレてるし

    • m62045
    • 2021年 3月 13日

    アニメから観てますがマリ派です。今回の映画館観てマリ派で良かったと思った

    • stone handstone
    • 2021年 3月 13日

    庵野の自慰的アニメはQでもう懲りた。シンエヴァの評判が良かろうと、二度とエヴァに金を使うつもりはない。シンエヴァ作成の時間が膨大にあったのだから、そりゃある程度のものは作れるよ。言い訳的修正もいくらでもできるわ。
    そんで、あいかわらず「大人になれ」ってメッセージだってね?今や庵野はジジイ、客は中年もしくは初老だぜ?こんなんで感動する中年以上の人はヤバイだろ…

    • tkm sto
    • 2021年 3月 13日

    エヴァンゲリオンは、新劇場版は愛の物語だと感じました。
    それは、庵野秀明が安野モヨコと2002年に結婚した事が大きいんじゃないかと思う。
    マリはおそらく、安野モヨコだと思う。
    だから、新劇場版で登場して最後もマリと2人で歩いていくのかなと思いました。

    • ただの一般人
    • 2021年 3月 13日

    旧劇を見ている人でハッピーエンドを批判する人はいないと思う。

    • クリスレッドフィールド
    • 2021年 3月 13日

    シンジが落ち込んでるところに
    たくさんペンペンいて少し和んだ

    • スムースリー
    • 2021年 3月 13日

    これ、多分 庵野監督の話だよね

    • ゆうと
    • 2021年 3月 13日

    マリは今まで薄い本を厚くするような存在だったのにシンエヴァでは胸が熱くなったよね(寒)

    • g g
    • 2021年 3月 13日

    シンジの恋人の件ですが、綾波はゲンドウの回想シーン(精神世界?)で子供が生まれるときに息子ならシンジ、娘ならレイと言っていたのでシンジがその記憶を見ている場合、綾波レイを妹として認識したということで綾波を恋愛対象として見ることができなくなったと思われます。アスカは映画の内容通りシンジとの身体や精神の差を感じたのとシンジが目覚めない間に褒めてくれる理想のパートナーができたということで最終的にマリになりましたが、シンジとすべてのヒロインの関係を綺麗に映画内で出してくれたので自分的には大満足です。自分は新劇場版以外はほとんど見ていないのでマリとシンジがくっついたのは結構良かったと思いました。カオルとレイに関しては境遇が似ているのと性格が二人ともおっとりめですごく相性がいいと思います。全員ハッピーエンドで良かったです。

    • くるぶループ
    • 2021年 3月 13日

    個人的にあのラストのシーンにデジャブを感じた。

    • まーちゃん
    • 2021年 3月 13日

    株があがったのはケンスケですね!
    綾波は救済されたと思いますか?

    • こたろー
    • 2021年 3月 13日

    映画序盤→「また、情緒不安定シンジかよ、」
    映画終盤→「ぇ、まだ終わらないでくれ」

    でも、TV版も旧劇場版もシンエヴァシリーズの伏線もちょうどよく回収していて最後は涙が出ました。。

    • 翠虎
    • 2021年 3月 13日

    マリの乗っていたエヴァが槍に刺されてないのが気になってしょうがない
    あれは、本当にさよならできているのだろうか?!
    チルドレンのシンジ、カヲル、レイ、マリは現実描画あるのにアスカは見逃したのかなかったのか
    あえてシンジが言いたかったことが見たいなもう逢えない前提でのセリフが気になるるる

    また見に行くかなー

    • なお
    • 2021年 3月 13日

    個人的な考察ですけど、最後の実写のシーンは今までファンのチルドレン達だったけど、地元が映っているってことはようやく庵野監督のもとに帰ってきたていう意味もあるのかな?
    語彙力なくてすみません

    • ほえーるおー
    • 2021年 3月 13日

    この映画をみたときエヴァ破のマリが歌ってた三百六十五歩のマーチを思い出した。
    序盤シンジは2歩下がった状態から始まったけど最後には3歩歩いて前に進んだんだね。
    俺も現実でも上手くいかないことがあっても3歩進めるようなマインドで生きていこうと思った。人生とは愛とは何かについて考えさせられる映画と出会えてよかった。

    • n !
    • 2021年 3月 13日

    マリエンドとは思わなかったよん!

    • T S
    • 2021年 3月 13日

    みんな神木隆之介に頼りすぎ。
    劇場版100日目に死ぬワニもやるとか、神木くん仕事選べよw

    • ヒカル
    • 2021年 3月 13日

    加持さんの渚司令、が謎を呼んでいた気がしました

    • りょーた!
    • 2021年 3月 13日

    夏色のエデンを見てから見てほしい。

    • なささな44
    • 2021年 3月 13日

    宇部新川駅のすぐ近くに住んでるんですけど、近くに現実世界に戻ってきた(?)シンジ君達がいるんじゃないかって思ったらエモいです笑

    • ドナルドダックスフンド
    • 2021年 3月 13日

    映画を観終わった後に、
    「Beautiful World」→碇シンジの気持ち
    「One Last Kiss」→碇ゲンドウの気持ち
    として歌詞と劇中で連動してるのかなと思いました。
    最初、悪く言えば卑屈で喚いて子供のままだった碇シンジが、様々な人間との関わりを経て成長し、周りの事を考えられる大人になっていく物語だと観て感じました。
    当時、旧劇、新劇の時にはまだ子供だった私達が、長い月日を経て大人へ成長し、忘れていた当時の葛藤、成長していく瞬間など様々な感情を思い出させてくれる非常に良い作品だったなと思います。
    その意味を含め、賛否両論あるとは思いますが、『Q』から長い年月の期間を経ての公開は逆に正解だったのではないかと個人的には思いました。
    最終決戦前のアスカとシンジのお互いの過去の気持ちを告白するシーンは、個人的解釈では、
    現代の私たちの恋愛を表現していると思っていて、
    当時は、お互い好きだったのに気持ちを伝える事が出来なかった。今でもその気持ちが無くはないが、過去の気持ちとして整理してしまっている。けど、気持だけは伝えておきたい。
    そんな心情を表現したのではと考えています。

    子供の頃はやたら内容が難しく理解出来なかったエヴァシリーズ、大人になって何度も見る事でやっと理解出来るような構成。
    シリーズ全体を通して作中で、成長していく碇シンジの描写、彼は碇シンジというエヴァというアニメの主人公でもあり、少年少女時代の私たちその者でもあるように思います。
    長文すみません。

    • 捨て垢
    • 2021年 3月 13日

    最後の方、NERV跡地の海にエントリープラグっぽいのが5つ刺さってたのってシンジ、レイ、アスカ、カヲル、マリの分ですよね?マリは後から8号機に乗ってきたからあの中にはいなかったかもだけど、シンエヴァのポスターの5人が浜辺にいるっていう構図の伏線回収にもなるし

    • a
    • 2021年 3月 13日

    自分の中で「逃げ恥」の最終回とすごい重なった。
    主人公だけじゃなく、それぞれのキャラの呪縛からの解放。
    人と向き合う事の大切さ。
    もともと、逃げ恥がエヴァの影響を受けてる作品だということもあると思うけど

    • 馬場明仁
    • 2021年 3月 13日

    古参ファンの者です。
    僕の中ではシン・エヴァンゲリオンは4作目。
    1回目はTV版。
    2回目は旧劇場版。
    3回目は漫画版。
    そして今回の新劇場版が4作目。

    だから月の柩の4個目からカヲルが出てきたと思っております。

    4回目の終焉に実写とアニメーションを混ぜたエンディングを流し、
    虚構の世界と現実の世界をつなぎ合わせ、エヴァは作品で有りながら現実の一部だよって言ってくれてるのかなぁと思っております。

    一言。
    ハッピーエンドで良かった。

    長文失礼

    • ハンドボールマン
    • 2021年 3月 13日

    大人になったシンジを見てワイも社会人になるってことに気づき絶望した

    • iikana? Korede
    • 2021年 3月 13日

    自分はまず船が盾になるという柔軟な考えが凄いと思った思いつく?そんなん

    • KENG
    • 2021年 3月 13日

    モーションキャプチャのシーン(シンジの精神世界)は特撮の表現でしたね。あそこは個人的に一番しびれたところでした。エンドロールにアニメでは見ない特撮チームの名前が入っていたのでなるほどと。一見倒れるビルが箱のようになっていて、らしくないなと思ったのですが、シンジのイメージの中の世界をディティールを落とした特撮の表現にしたことで現実と空想の間の世界を表現しているんだなと私は解釈しました。
    この作品を通して庵野監督自身が感じたこと、伝えたかったことが詰まっているのではないかと思っています。

    • きき
    • 2021年 3月 13日

    もー、声だけが聞にくい、もったいない

    • watata
    • 2021年 3月 13日

    ウルトラマンと関係するところは無いかと思いながらみているといくつかありました。

    1.ウルトラセブン

    シンジに憎悪を抱く人達はウルトラセブンのテイストが入っているなと感じました。ウルトラセブンの脚本を担当した金城哲夫さんは沖縄生まれなのですが、金城さんの時、沖縄は日本返還前でした。戦時中、沖縄では自分の大切な人が何人も米兵に殺されました。戦後はその米兵相手に金を稼ぎ生きていき、自衛隊よりも米兵(米軍)に守られるという複雑な心情がありました。

    この複雑な心情は、

    シンジのせいで何人も死んだ、でもシンジがあの時動かなければ、今サクラたちが生きている世界すらなかった。結局は、エヴァンゲリオンのパイロットに頼る他無いという サクラたちの心情とどこか重なると思いました。

    2.ウルトラマンエース

    Qで登場した、13号機はダブルエントリーですが、これは北斗隊員と南隊員がリングでウルトラマンエースに変身するという設定が重なっていると思いました。

    途中からウルトラマンエースは北斗隊員一人で変身するのですが、カヲル死後、シンジ一人でも13号機が動いているのもどこかエースらしさを感じました。

    さらに13号機の「13」という数字がポイントで、ウルトラマンエースの13話のタイトルは「死刑!ウルトラ5兄弟」で、この話は、ゴルゴダ星にゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマンの4人がおびき寄せられ、十字架に磔にされるというシーンがあります。13号機やゴルゴダオブジェクトはウルトラマンエースと重なると思いました。

    まだまだありそうなので、気づいたら追記したいと思います。

    コメントの内容が被ってたらすみません!

    • M 91
    • 2021年 3月 13日

    これでやっとエヴァが完結したな〜
    アニメから追ってるファンも新劇場版からのファンもみんなある程度納得できる終わり方じゃないかなって思った。

    • あごあご
    • 2021年 3月 13日

    クラフトボスのcmで、「なんでこんなに優しくするんですか」みたいな事を客が言ってるのはシンジくんの精神が戻るとこの伏線だった…?

    • comi comi
    • 2021年 3月 13日

    今日見てきました。
    ちょっと世に出たのが遅すぎた感があります。
    新劇場版発表時の予定通り、少なくとも10年前に公開すべきだったかと。
    個人的にはTV版の終わり方が好きだったので、あれから20年以上引っ張ってきてこれかよというのが正直なところ。
    映像は素晴らしくてとても楽しめたのですが、進撃の巨人を見た後だと時代遅れの感がありました。
    心置きなくエヴァンゲリオンを卒業できます!

    • opa npa
    • 2021年 3月 13日

    まじでぐちゃぐちゃに泣いてあかるくなったときちょっと恥ずかしかった笑

    • まるまる
    • 2021年 3月 13日

    これ素晴らしい動画だった

    • 黒郷地虎次郎
    • 2021年 3月 13日

    何回か観るうちにケンケンがカッコよく見えてきた同士おる?

    • aiuex
    • 2021年 3月 13日

    Qでのカヲルくんの
    反復練習さ 同じことを何度も繰り返す。自分が”いいな”って感じられるまでね。それしかない。
    も伏線だったんだなぁって

    • entertain comets
    • 2021年 3月 13日

    エヴァが必要ない世界:生命が自然に存在するbeautiful world  さよなら全てのエヴァンゲリオン

    • i m
    • 2021年 3月 13日

    シンジ=キリスト
    マリ=マリア
    なのかなあ

    • なかむらしゅうと
    • 2021年 3月 13日

    考察とかそういうのなしに新しいエヴァンゲリオンを、また見たい

    • bsk sta
    • 2021年 3月 13日

    シンジがミドリとサクラにエヴァに乗るな!って責められてるとき、ミサトさんが身を挺して庇ったのも良かったけど、そのあとシンジの管理権限は私にある!って言ったところにウルッときた。
    言葉自体はすごい事務的なんだけど、自身の息子を守るような温かみを感じた。

    • Marilynまりりん snoW
    • 2021年 3月 13日

    なんかbadが多くて驚いた!

    • ぽんでこ
    • 2021年 3月 13日

    3人目の綾波?が『拾ったものは返す』っていうのを教わってシンジにS­­-DATを返すところと、人間を捨て脳みそが飛んでも尚生きているゲンドウが、わざわざ脳みそを拾って自分の頭に戻すところは『拾って戻す』っていうところで繋がってるのかなって思いました。

    • hina hina
    • 2021年 3月 13日

    カヲル君が報われて本当に良かった。

    • m t
    • 2021年 3月 13日

    ミサトは死んだの?

    • jjj ttt
    • 2021年 3月 13日

    面白かったあぁぁぁぁ

    • くだらないChase
    • 2021年 3月 13日

    冬月のこれでいいんだなユイくんがわからない。あれどういう意味なんだろ

    • くだらないChase
    • 2021年 3月 13日

    「髪だけは伸びるのよね」からのマリのセリフ。
    根本はヒトなんだよって
    あのシーン好きだな

    • あぁあぁあ
    • 2021年 3月 13日

    エヴァンゲリオンまだ続いてくれないかなぁ

    • マホト
    • 2021年 3月 13日

    どうでもいいけどサムネあむぎりに見えた

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近のコメント

  1. 日本映画ネタバレ

    【動画】ミランダジュライ新作映画『カジリオネア Kajillionaire』感想…
  2. 海外映画考察

    【動画】映画「ビバリウム(Vivarium)」感想動画/ジェシーアイゼンバーグ(…
  3. 海外映画考察

    【動画】マイナー&海外怪獣を解説してみた その2
  4. 日本映画考察

    【動画】映画『スパイダーマン:スパイダーバース』公開記念舞台挨拶 小野賢章さん・…
  5. 日本映画考察

    【動画】新しい映画予告編2018 – 3週目
PAGE TOP