日本映画考察

【動画】戦後日本 対不良外国人 自警団(高倉健さん主演:田岡一雄役 三代目襲名 1974年)720px 2.35:1

20180106

戦後日本 対不良外国人 自警団

(高倉健さん主演:田岡一雄役 三代目襲名 1974年)

720px 2.35:1

関連記事

  1. 日本映画考察

    【動画】ドラゴンボール超VSプリキュアの映画が公開!?どっちがスーパー?

    ドラゴンボール超の映画を記念!プリキュアの15周年を記念!お互…

コメント

    • イマラチオ・くるよ明日は来ないアレキサンダーシュレッダー大河原
    • 2018年 11月 10日

    今の時代、このようなカリスマ性を持っている方が少ないのかな?
    田岡さんは極道である前に、人として、その時代にやるべき事をやっていた方なんですね!
    ヤクザを美化するのでなく、一人の人間として

    • D
    • 2018年 11月 10日

    こんな綺麗な物語ではなかっただろう

    • sho dominique
    • 2018年 11月 10日

    高倉健は好きだが、こんな話は嘘。ヤクザもんが
    自分達を美化するためにこんな映画を造ってたんだ。 今も
    昔もヤクザはクソ。外国人をスケープゴートにして自分達を支持
    してもらいたいってゆう魂胆は、今の在特会と同じで常軌を逸してる。

    • ライムシンジ
    • 2018年 11月 10日

    自分もこの時代に居たら
    田岡一雄さんについて行きたい

    • tadano ojisan
    • 2018年 11月 10日

    しずかしてたまて、かいちょうはやまくちくみ田岡、かんくびに一万円けんしょうきんちゅけてくださる。かおぱらぱらしても、おともだちそうめいそうあるだったら現金たす。へちゃ

    • 明日があるさ
    • 2018年 11月 10日

    戦後の復興に山口組も手助けしていたんですね。
    暴対法もう少し緩くしてあげてよ。
    今の政府は恩を仇で返してますよ。

    • #必ず名前が青くなります
    • 2018年 11月 10日

    高倉健さんかっけぇなぁ
    昔の山口組もよかったなぁ

    • エブリスズキ
    • 2018年 11月 10日

    三井 住友 三菱財閥が連れてきた 在日 昔は三井 自警団 愚連隊 ありましたね、今は三井 イメージは銀行

    • シーザ
    • 2018年 11月 10日

    不良外人って、中 韓 鮮 台の寄生生物でしょ?不法侵入してきて、戦後も不法に居座った。(日本からの文明賜下後なのに、意味不明なテョン内戦で、日本に不法侵入!単一民族国家である日本史上最悪の「穢れた血、遺伝子」の大増殖、大汚染)
    戦前は国民と新聞(3国人が寄生してなかった頃のA)が怒り狂って政府に圧力かけてどんどん強制送還してたけど、終戦後はそれも不可能になって増殖したんだよ。
    大東亜共栄圏なんてスローガンをスローガンだけにしとかんからシナ人までもが国内で増殖してたんだぞ?
    何故かネットだと「台湾」を省きたがるよな?何を勘違いしてるのか知らんがあいつらも同類だからな?

    • 乃木慧
    • 2018年 11月 10日

    この時代の朝鮮人の非道・悪行を日本人は忘れてはならない。
    この事実を一切封印する朝日・NHKを許すな!

    • Bjj Ikeda
    • 2018年 11月 10日

    今じゃこれ以上のチャイナやコリアンが入ってくる。健康保険、生活保護は使い放題。

    • 美音
    • 2018年 11月 10日

    我が輩もこの時代に居たら 田岡一雄さんについて行きたい

    • moro moro
    • 2018年 11月 10日

    今じゃこの映画、電波には乗せれないだろうな。

    • Syugisya Hannkyou
    • 2018年 11月 10日

    🇯🇵任侠

    • 北斗の拳
    • 2018年 11月 10日

    今の日本の政府も外国人(米軍、在日朝鮮、韓国、中国、アフリカ)が事件おこしてもまともに罪にとえないし今も昔もおんなじ。

    • dr x
    • 2018年 11月 10日

    今の山口組は、朝鮮人に乗っ取られてしまった。

    • hajya kenshou
    • 2018年 11月 10日

    山口組三代目 田岡一雄自伝 徳間文庫より
    ◆酸鼻をきわめる地獄絵図◆
    その日のうちに神戸は修羅場と変貌した。
    敗戦の報に呆然自失する市民とは対照的に、これまで苛酷な労働で軍部から抑圧されてきた朝鮮人、台湾人たちの一部は欣喜雀躍とし、略奪、報復の火蓋をきったのである。
    その日の午後七時。徒党を組んだ一団は国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪。これを皮切りに市内随所で襲撃略奪事件が起こり、一般市民の不安もたかまった。
    終戦当時、国内には強制連行された人も含めて朝鮮人、中国人は二百万人以上いたが、とくに兵庫に多く、昭和十八年に十三万五千人、四十八都道府県の七パーセント強を占め、大阪、東京につぐ三位という勢力をもっていた。
    (中略)
    彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩していた。
    通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
    善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。
    こうした不良分子は旧日本軍の陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
    袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風をきって街をのし歩いた。
    腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器をひっさげた彼らの略奪、暴行には目にあまるものがあった。
    警察が駆けつけても手も足もでない。
    「おれたちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人がなにをいうか」
    警官は小突きまわされ、サーベルはヘシ曲げられ、街には暴漢の跳梁に無警察状態だ。
    さらにこれにくわえて一部の悪質な米兵の暴行も目にあまった。
    戦時中、神戸市内には脇坂小学校をはじめ六ケ所の捕虜収容所があったが、解放されたその捕虜の一部は婦女子を求めて民家に侵入して拳銃をつきつけ、泣き叫ぶ婦女子を襲い白昼強盗も横行した。
    九月二十五日、米軍第六軍三十三師団、一万七千人が神戸に進駐してくると治安はさらに悪化し、制止にはいる警官は袋叩きにあう。
    終戦直後の神戸は、まさに酸鼻をきわめる地獄絵図だった。
    ◆白昼横行する婦女暴行◆
    彼らの行為を見聞きするごとにわたしは怒りにふるえていた。
    彼らを制止し、阻止する者は一人としていないのだ。
    警察は無力化し、やくざを手をこまねいて目をそらす。
    いったい、だれが街を自衛すればいいのだ。
    昭和二十年八月末、わたしは所用の帰途、女の悲鳴をきいた。
    人通りもすくない東山病院の裏手である。
    白熱の太陽がキナくさい焼跡に照りつけていた。
    一瞬、ぎくりと立ち止まり、悲鳴のあがる方角へ走った。
    途中で、四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
    「どないしたんや」
    「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
    少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
    この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
    「ここにいるんやで、ええな」
    わたしは少女をその場において一目散に走った。
    少女の母親は木立のなかで数人の男に犯されていた。
    飛行服姿の男たちだった。
    彼らは不敵な薄ら笑いで女の手足をおさえつけ、一人がその上に乗っている。
    女は狂ったように絶叫していた。
    <───汚ねえ・・・>
    うめくと、わたしは遮二無二彼らに突進していった。
    得物を捜す余裕はない。
    あるのは彼らへの憎悪だけだった。
    彼らはハッと身構えたときはわたしは一人の男を蹴りあげ、女の上に乗っていた男の襟がみをつかんで引きずりおろし、男の目の中に五本の指を突きさしていた。
    十七のときにおぼえたあの必殺技が、無意識にでていたのだ。
    バラケツどもを震撼させたこの必殺技は、あまりに衝撃的すぎてめったにつかわなかったのだが、わたしは無我夢中でこの技をふるっていた。
    男の両眼からボタボタと鮮血がしたたり、男は視力を失ってのたうちまわる。
    つぎの一人も首を小脇にはさんで締めつけておいて、容赦なく指を突きたて、眼球を抉りだす。
    「ぎゃーっ」
    動物的な悲鳴をあげて、男の顔面はみるみる血だるまとなっていった。
    残る男は恐怖に顔面を醜く歪ませ、拳銃も鉄パイプもその場に置きざりにしたまま夢中で逃げだしていた。
    女はボロきれのように仰向けになったまま放心していた。
    「しっかりするんや、おい、わかるか」
    抱き起こして揺り動かしてみても、うつろに瞳孔をひらいたまま、突然、けたたましい笑いをあげる。
    女はすでに発狂していた。
    山の手の、良家の人妻であろう。
    美貌であった。
    引きちぎられたモンペと、狂った哄笑が無残であった。
    <───許せん。これはぜったいに許せんのや>
    彼女の狂った哄笑と、遠くからじっとこちらを凝視して立ちすくんでいる少女を見たとき、わたしの血ははげしく燃えたぎっていた。
    このままでいいのか。
    いいはずがない。
    彼らの報復をおそれてだれもやらんというならば、わたし一人でも彼らのまえに立ちふさがってみせよう。
    わたしには許せないのだ。
    やつらのひどさが。
    置きざりにしていった拳銃をわたしは懐にねじこんだ。
    ずっしりと重い、その拳銃の感触が、闘志を奮いたたせた。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 日本映画考察

    【動画】水野晴郎・映画解説 「錆びたナイフ・赤いハンカチ」
  2. 海外映画ネタバレ

    【動画】町山智浩 マンオブスティール man of steel ネタバレ無 …
  3. 海外映画考察

    【動画】【海外の反応】衝撃!!「野球を知らない人まで…」米国メディアが大谷翔平を…
  4. 日本映画ネタバレ

    【動画】【※ネタバレ注意※】アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーを語る!みなみ…
  5. 韓国映画考察

    【動画】韓国映画『今、このままがいい』韓国版予告編(日本語字幕)
PAGE TOP