海外映画考察

【動画】【解説レビュー】映画『シンウルトラマン』ゾッとする…もし庵野秀明じゃなければ|斎藤工×長澤まさみ×有岡大貴×早見あかり

え、これ庵野秀明案件じゃなかったら褒められるのか?

____________________
シン・ウルトラマン
Shin Ultraman logo.png
監督 樋口真嗣
脚本 庵野秀明
製作 庵野秀明

出演者
斎藤工
長澤まさみ
有岡大貴
早見あかり
田中哲司
西島秀俊
山本耕史
音楽 鷺巣詩郎
主題歌 米津玄師「M八七」
撮影
市川修
鈴木啓造
編集 栗原洋平
庵野秀明
制作会社 東宝映画
シネバザール
製作会社 円谷プロダクション
東宝
カラー
配給 東宝
公開 日本 2022年5月13日
上映時間 113分[1]
製作国 日本
言語 日本
前作 ウルトラマントリガー エピソードZ

『シン・ウルトラマン』は、2022年5月13日に公開された日本のSF特撮映画。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり[2]、タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される[3]。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作し、スタッフとして、企画・脚本の庵野秀明、監督の樋口真嗣など『シン・ゴジラ』の製作陣が参加する[3][4][5]。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」[6][7][8][9]、「空想と浪漫。そして、友情。」[10][9]。

#シンウルトラマン
#庵野秀明
#シンゴジラ
_______________________________________
_______________________________________
★チャンネル内の人気動画★
ま、まさかあのシーンにこんな意味が・・!?

『花束みたいな恋をした』解説レビュー
2人の泣いてる理由が違う

『パラサイト半地下の家族』解説レビュー
格差批判の映画ではない

『天気の子』解説レビュー
須賀はなぜ窓を開けたのか?

______________________________________________________
【驚愕衝撃】
マニアックどんでん返し映画ランキング!
ネタバレ無し【おすすめ映画】

_______________________________________
BGMは
「騒音のない世界」を使用
https://noiselessworld.net/

_______________________________________

関連記事

コメント

    • M 87
    • 2022年 5月 17日

    小さい頃からウルトラマン見てたけど、大人になるとどうしても理性や合理性が邪魔して、作品楽しめなくなっちゃうよね??

    わかるよその気持ち。うんうん

    映画見てたときは、子供に戻ったような気持ちで見れたからめっちゃ良かった!!

    • 4.0
    • 2022年 5月 17日

    「シンゴジと区別しろ!」
    「ウルトラマンにリアルを求めるな!」ていうオタクがいるけれど
    だったらシンゴジみたいな専門用語だけで会話する演出をウルトラマンに入れる必要がないし、
    そもそもウルトラマンオタクって「昔のウルトラマンは大人向け!最近は子供だましでけしからん!!」っていう面倒くさい連中だったわけで

    • 瑠夏
    • 2022年 5月 17日

    ゴジラ・シリーズも、後半は赤塚不二夫キャラをパロったりしたし、ウルトラマンには「ウルトラ・ファイト」っていうある意味で伝説的なシリーズあるからね。

    空き地で戦うっていう、単なる仕事放棄と紙一重なトンデモ系。

    ウルトラマン自体は、造形からポージングまでベースがセンスの塊なので、別に誰がやってもつまんなくはならないし、それやる方が難しい。

    オタクが作ってる代物は、総じて基本にただひたすら忠実で、それ以上でも以下でもないっていうだけの話。

    原点のスタイルを踏襲するだけで、それを超えることは絶対に無いということだけしか保証しない。

    本質的には退屈な代物なんだよ、要するに元ネタの良さをわざわざ金かけて再現してるだけだから。

    円谷英二や石ノ森章太郎が、果たしてそんな行為を潔いと感じただろうかということくらい。

    庵野秀明は正直なオタクで、自分には何も無いってちゃんと分かってるし、エヴァも永井豪いなかったら出来てないし。

    敷かれたレールや踏み台が無いと何も出来ないというのが、焼け野原から創意工夫したって人達とは決定的に異なる点だしね。

    • roiyaru Miruku
    • 2022年 5月 17日

    庵野秀明さんが、総監督でもありません。
    何でシンゴジラと比較するのか??   全く理解、意味が分かりません。大失敗した鑑賞の仕方です。
    映画を見るなら頭の中を完全にクリアーにして何も考えず鑑賞するのが、基本だと思います。
    比較するなら初代ウルトラマンシリーズで比較して下さい。

    「シン・ウルトラマン」は、初代ウルトラマンをデザインした 故・成田享さんへの敬意を示し、成田享さんが、目指していた本来のウルトラマン【真のウルトラマン】を描くことがテーマであります。当然、カラータイマーが無い事も含めて昭和の時代に出来なかった事を今現在に蘇らせた事だと思います!

    • にまー
    • 2022年 5月 17日

    令和版ウルトラマンというよりは、昭和のウルトラマンを令和にやりました感

    • 早川雅美
    • 2022年 5月 17日

    子供向け特撮番組を元にした映画で作り手側も子供向けだってゆってんのにリアリティーっ求めてんのはナンセンスなんじゃね?。それっぽい台詞とかで雰囲気出すのはリアリティーとはまた違った手法。
    あと最後の長澤まさみの「おかえり」は多分トップをねらえ!のオマージュだし、他のコメでもあったが最期に神永の中から消えていくウルトラマンが見聞きした光景としての演出じゃないかね。
    どちらにせよ、このうp主は映画観るの向いてないよ

    • joker
    • 2022年 5月 17日

    映画としてのまとまりや俳優の演技などについて、あなた個人の感想として批判的に評価するのは映画評論として不思議ではないが、シン・ゴジラはゴジラというフィクションが一つだけだからリアリティーが高く出来る。一方、シン・ウルトラマンは最低でもウルトラマン(ヒーロー)、怪獣(禍威獣)、宇宙人(外星人)とフィクションは多いからリアリティーは当然ゴジラより低くなる。そこを批判的に扱うのは本末転倒。
    逆にそうじゃなければ、それこそ『こんなのウルトラマンじゃない!』って言われるでしょ?

    • たんぽぽ
    • 2022年 5月 17日

    怪獣、人間、ウルトラマンどれが、主役かわからなかっですね。結局最後はどうなるのか分からず、目の前に起こっていることをただただ見てるだけの状態でしたね。

    • スゥのウルトラマンフィギュア&ウルトラマン設定解説同好会
    • 2022年 5月 17日

    シンゴジラとは違うのが最初のオープニングで示唆されてるし、そもそも世界観違うんので比較になってないかと
    投げやりではなく見た人に考えさせる空想という要素があるのですがそこが理解できないのは残念ですね

    • さしすすせ
    • 2022年 5月 17日

    エヴァから解放された庵野は止まらない

    庵野展観に行った人なら、分かると思うけど、兎に角庵野の原点にして、至高なのがウルトラマンなんだなと

    ちょっと昭和の雑な感じとか、勢いで納得させてくるような演出とか
    そういうのもこの人にとって尊い存在なんだろうなぁって印象

    単純に好きな作品を自分の手でリビルドしたいっていう大きなお友達の、とんでもない金と時間と労力を使ったウルトラマンごっこだと思う(褒め言葉)

    • おもち
    • 2022年 5月 17日

    貴方が今回観たのは「ウルトラマン」であって「ゴジラではない」んですよ…。製作者も今回は「ウルトラマンを作った」んです…伝わるかな…。シンゴジラ面白いですよね。私も好きです。ゴジラにはゴジラの、ウルトラマンにはウルトラマンの良さがあります。その「良さ」を際立たせる為に必要なリアリティの線引きが違うのも当然ではないでしょうか。

    • Tk U
    • 2022年 5月 17日

    なんか、ウルトラマンのファンじゃない人がシン・ウルトラマンの感想を言うとそうなるよなっていうだけですね。笑
    長澤まさみが巨大化した理由もわからないんじゃ楽しめないよなぁ。

    • 勢い系
    • 2022年 5月 17日

    「批判」私の苦手な言葉です。

    • くろぺん⚒🌸
    • 2022年 5月 17日

    まぁ感想は人それぞれだからね。有名な評論家なのかわかんないけど、この人はボロカスに言ってるが自分はすごく楽しめたからそれでいいや。

    • 山中博士
    • 2022年 5月 17日

    面白かったですよ。
    CGと特撮の融合。
    リアル過ぎず適度にチープな感じも味があって良かった。

    • bontenDX
    • 2022年 5月 17日

    ゾーフィがゼットンを持ってきた時点で
    あぁもう終わるのか…って思いました。

    • Yoshiki
    • 2022年 5月 17日

    ストーリーも一貫性ないし、感情移入できないキャラクターばかりだし、正直映画としては酷かった。演技においても、日本映画によくある「アニメ演技」で酷い演技だった。(特に長澤まさみ)
    良い点としては、ウルトラマンのデザインがより外星人ぽさがあって、よりリアルよりになっていた所。

    • すずぱる
    • 2022年 5月 17日

    シン・ゴジラの続編ならリアリティラインの批判はわかるが、そんな前提無いわけで

    • アオリョー
    • 2022年 5月 17日

    過去作へのリスペクト、オマージュを保ちつつ現代版に置き換えてリアリティーを求めて今作みたいになったのは凄い事だと思う!
    そもそもゴジラと違ってウルトラマンは登場キャラクターが多いからどうあがいてもオーバーリアリティーになるのは仕方ないってかそれがある意味真のリアリティーだと思う。
    現実の価値観を逸脱してる訳だからそれをぶつけちゃいけんくね??笑
    その辺求めるならシンウルトラマンじゃなくてウルトラマンザ・ネクスト見た方が良いかもね!

    • KADUMAL Λ nos estamos esondidos
    • 2022年 5月 17日

    これは『帰ってきたシン・ウルトラマン』に期待できそうですね♪
    というのが2回観た個人的な感想です。
    子供の頃に観た初代ウルトラマンの最後の肩透かし感までも踏襲しつつ、ゾーフィの小ネタを挟み、3部作制作(実現低めな予定)の最後に『シン・ウルトラセブン』を持ってくる辺り。
    今回のラストが落とし所だったんだろうなと言うのが個人的な意見です。
    ご都合主義がウルトラマンの安心して見れるところではあったので、長澤まさみのケツパンと巨大化の時のスカートローアングルは必要なかったとして、それ以外は満足でした🎵
    何も考えず子供の頃に見ていたウルトラマンを成田氏の初期設定デザインでワクワクしながら観れたという点で良かったと思ってます🎵

    • 南瓜
    • 2022年 5月 17日

    特撮作品として楽しめるかどうかで、この作品の評価ってだいぶ変わるのかなと思いました

    • まさお
    • 2022年 5月 17日

    リアリティ云々の前にドラマとしてどうなんだと思った
    ウルトラマンが人間社会に触れ人間を好きになっていく描写は必要

    • ??
    • 2022年 5月 17日

    ウルトラマンZの面白さに感動した者としては「ウルトラマンにリアリティ求めんなよ」みたいな雑なコメント観るとイラッとする
    お前ほんとにウルトラマン好きなのかよと

    • ズーカラデナイ
    • 2022年 5月 17日

    シン・ゴジラの二番煎じが見たいならシン・ゴジラを見ればいいんじゃないですか

    • TAKASHI KOIZUMI
    • 2022年 5月 17日

    そもそもウルトラマンをはじめとして宇宙人(外星人)の思考なんて地球人は分かりませんよ。
    でもご安心ください、このお話は遠い遠い未来の作品なのです…。え? 何故ですって?人類は今、宇宙人に狙われるほどお互いを理解してはいませんから……ね

    • ファン大工
    • 2022年 5月 17日

    「もし本当にゴジラが出現したら日本はどうするのか?」という映画と、「現代版ウルトラマン」なんだから同列に語る方がおかしい。
    リアリティライン(笑)に囚われすぎ。

    • MSH
    • 2022年 5月 17日

    シン・ゴジラと比べてしまう方が多いようだ。気持ちはわかるけど、全く別の話だし、切り口も違う。
    そもそも、原典のゴジラとウルトラマンだって違う。
    俺は「ウルトラマン」として、非常によくできた良い作品だと思ったなあ。
    ただし、神永マンは「ゾーフィ」と読んでたのに、最後の会話シーンは「 ゾフィー」と呼んでたのが気になった

    • うみがめ
    • 2022年 5月 17日

    人の感想には色々あるんやなぁ。ラストはあれでよかったと思うけどね。

    • らいひ
    • 2022年 5月 17日

    俺は、それがウルトラマンが居るという世界観でのリアリティーラインだと思うよ

    • ポテポテ
    • 2022年 5月 17日

    社会風刺的のゴジラと違ってウルトラマンは空想特撮映画なんだからそこ割り切ってもっとまともな批評しないと話になんない

    • ーはヒ
    • 2022年 5月 17日

    俺は好きやけど、まぁわかる。

    • にしもんもん
    • 2022年 5月 17日

    しゃらくせえ評論家もどきどもがごちゃごちゃ言うんだろうが評価するのはド素人なんだよなぁ

    • 静かに暮らしたい
    • 2022年 5月 17日

    ゴジラって味方にも敵にも設定できるんですよ。ゴジラを善悪で捉えるのは人間なので。でも、どのゴジラも人間の核実験の影響で生まれた生物でありただ生きているだけ。
    ウルトラマンと根本的に違うものだからシンシリーズだからゴジラと結びつけるのは意味がない。
    原作を少しでも理解していればシンウルトラマンの見方も変わってくる、

    • ややまびこ
    • 2022年 5月 17日

    キングスマンのレビューの時も思ったけども、前作が〜なのに今回は違ったみたいな意見は的外れに感じます。
    各映画のコンセプトの違いも理解しないで批評動画を出すのはリスペクトがないように思います。

    • エル elle
    • 2022年 5月 17日

    余韻が欲しかったよね、ラストは。
    いきなりスタッフロール流れたから10秒くらい固まってた

    • マナビーチャンネル
    • 2022年 5月 17日

    リアリティーライン言いたいだけやろ

    • yuki wakuwaku
    • 2022年 5月 17日

    中盤以降がダルいんだよな…。

    • コーギー
    • 2022年 5月 17日

    シン・ゴジラとテイストを変えたこと自体は悪くないと思うんだけど、じゃあもうちょい人間ドラマやんなきゃマズくないかとも思った

    正直、科特隊メンバーにほぼ魅力を感じられないの結構致命的だと思う。上映前の特報で十秒くらい映ってた浜辺美波に完敗って時点でなんかおかしい

    • bigbone0230
    • 2022年 5月 17日

    初代ウルトラマンを一度見られた方が良いかと….
    リアリティを求めるとかシンゴジラと同じ位置付けかって製作側は誰も言及してないよ。

    • cinema haru
    • 2022年 5月 17日

    庵野さんはシンエヴァと重なって全然参加できなかったので総監修ですよ!

    • shimon anita
    • 2022年 5月 17日

    映画レビューで最も信用ならないのは、映画批評家によるレビューだと確信したね。

    • Aoi Ali
    • 2022年 5月 17日

    ウルトラマン好きではなかったけど、この映画で好きになりました
    おもしろかった!

    • しんの
    • 2022年 5月 17日

    巨大長澤まさみって面白いの??とあるがあれは原作をオマージュしただけでは??ファンからしたら、メフィラス出てきた時点で長澤まさみ巨大化あるかなあるかなとワクワクしながら見れましたよ。的外れなことを言っていたらすんません

    • 2022年 5月 17日

    ウルトラマンファンだから楽しめたけど、シンゴジラみたいに特撮ファン以外に手放しで進めれるような完成度ではなかったね。
    シンゴジラは庵野秀明にしか撮れないんだなと実感したよ。樋口さんが撮るなら無理にシンゴジラに寄せなくても良かったのではないかと思ったね

    • レラレリゴーゴー
    • 2022年 5月 17日

    うーん、ごめん納得いかない。クソおもろかったよ。

    • モノタロウ
    • 2022年 5月 17日

    最初の掴みは良かった。
    ただなんか全体的に盛り上がりに欠けたなあと、。
    原作リスペクトだったのは伝わりました。

    • ろばお
    • 2022年 5月 17日

    不満点が全て満足だ。

    • 自由なゆっくりオリジン
    • 2022年 5月 17日

    ラストはどう考えてもウルトラマンが死んで代わりに斎藤が生き返ったって落ちでしょ。原作では何故かゾフィーが命を二つ持っててウルトラマンと分離して両方とも救われるって落ちだったけど、現実的に考えてそんな都合よく持ってるはずないからああいう落ちなったんだと思う。

    • 最後のシ者
    • 2022年 5月 17日

    個人的につまらなかった。
    まず劇場内は年寄りとおっさんだらけで臭いにやられたこと。ウケ狙いのクサい演出、有岡大貴の毎度若くチャラい役がみていられなく早く映画終わって欲しいと思った。ゴジラみたいにヤシマ作戦も流れなくてショック。

    • ヨシドル よしどる
    • 2022年 5月 17日

    ウルトラマンが脇役のウルトラギャラクシー見てから映画観ると 怪獣や宇宙人の存在感わかりやすいと思います。ウルトラマンが最強宇宙人に倒され岩に封印 襲いかかる悪怪獣に古代怪獣ゴモラが戦う作品。パワーアップした ゼットンやキングジョー、ニセウルトラマン、ザラブ星人、ガッツ星人など 攻めて来ます。子供に見せたら ウルトラ怪獣大好きになってました。ギャグ要素もあるので 楽しくウルトラ作品見てもらうと若い世代も興味津々になると思う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

最近のコメント

  1. 海外映画ネタバレ

    【動画】悪魔に容赦ない映画『コンスタンティン』のネタバレなし紹介 #映画 #映画…
  2. 日本映画考察

    【動画】中国における宗教迫害の実録 その1「犯罪者は誰だ?」 日本語吹き替え 完…
  3. 海外映画ネタバレ

    【動画】【FILMREDネタバレ有り】映画で好きな細かいシーンを教えて!に対する…
  4. 海外映画ネタバレ

    【動画】【映画】『アンテベラム』を紹介。面白かったけど怖い映画でした。ネタバレあ…
  5. 日本映画考察

    【動画】超わかる!ゴーストオブツシマ①【ストーリー考察】
PAGE TOP